蔵出しネタ4。

カテゴリー: 楽しい。

宮島のお土産物屋さんも飲食店も店じまいが早いのです。
夕方になると観光客はどんどんいなくなります。

でも私たちはまだまだ帰れない~。

最初の予定では宮島から戻って広島の繁華街で夕食と考えてました。
お昼に失敗してるから、ディナーは豪華にしたかったし、
彼にはお疲れ様のビールをこれでもかっていう位飲んでほしかったんです。

行くところが無くトボトボ歩いてたら「飯食いに行こか?」って彼。
う~ん・・・不本意だけど、そうしよっか・・・・・。

s-DSCF4706.jpg

私のエビフライ&カキフライ。
お腹が空いてないからご飯半分とエビフライを彼にヘルプしてもらいます。

s.png

彼のお刺身定食。あと写真にはありませんが生中2杯ね。

s-DSCF4715.jpg

お店を出てもまだ時間があるので、ベンチで休憩、あ!鹿きた!!

s-DSCF4718.jpg

何話したっけ?だんだん暗くなってきたね。

s-DSCF4721.jpg

彼が手を繋いでくれました。
フェリー乗り場を通り越して、船着場へラブラブで移動します。

s-DSCF4732.jpg

ジャジャーン!ナイトクルーズする為に待ってたんですよ、暗くなるのを。

満ち潮の夜に、舟で鳥居をくぐってくれるのだ!!
待って良かった、とても幻想的で感激しました。

船の中で乳首弄られましたが。
2012/09/19(水) 00:00 comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する